スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第9話 Love Song探して(後編)

漏れ様「(これは…)」
落し戸を降りた先にはかなり大きな地下洞窟が広がっていた。
9b-1.jpg

家に繋がっていた部分は人工的に掘られたものだろうが、その他の大部分は天然の洞窟である事は間違い無いだろう。岩壁の表面にも全く鶴嘴を入れたような跡が見当たらない。
小規模とはいえこの真上で村人が家を建て生活していながら、これだけ大きな空洞が落盤もせず原形を留めているのはまさに自然の神秘といったところか。
漏れ様「(よくもまあ、こんな所の上に村を作ったもんだ)」

とはいえ、いつまでも感心してる場合じゃない。
誰かに見つからないうちにトカゲ娘を見つk
9b-2.jpg
漏れ様「あ」
男「あ」

2人とも間抜けにも口をあけたまま見つめあっていたが、一呼吸早く男の方が行動に出た。
男「し、侵にゅsポピィイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!」
popiiii.jpg

漏れ様「ふー、3秒ルール3秒ルール。
9b-3.jpg

確か見つかっても3秒以内に倒せばノーカンだったよなwwwwwwwwwwwwwww
何か役に立ちそうなものが無いか倒した相手を物色する。
しかし見つかったのは怪しげな葉っぱが一枚だけ。他にめぼしい物は見当たらない。
ヴァンパイアじゃなくてヤク中裸族の集まりだろうか?
他には何か持っていないか更に物色していると、奥の方から声がかかった。
???「おーい、どうした?」
ヤバイ、さっきの悲鳴を聞かれたのか仲間がこっちに来るみたいだ。
お嬢の嘘つきwwwwwwwwwwwwwww
何か身を隠せる場所は・・・無いな。その間にも足音はどんどんこちらへ近づいてくる。
その時、
漏れ様「(おっ、こんな所にモッp・・箒が!!!1!1!!!!!
9b-4.jpg

男の仲間「おい、何かあったのか?」
漏れ様「いやいや、何もないナリよ。
9b-5.jpg
男の仲間「そうか、急に大声上げるから心配したぜ・・・っておい!
ノリツッコミの要領で男の仲間がトゲ付きの棍棒を構えた。
男の仲間「ウォー○マンじゃねえんだからそんな変装に誰が騙されるか!」
オラのモップ大作戦』失敗wwwwwwwwwwwww
次々と仲間が現れ、あっという間に取り囲まれてしまった。
漏れ様「(やっぱ穏便にはいかないか。仕方ない・・・)」



その頃、城では・・・
ノエル「お嬢」
9b-6.jpg
お嬢「あんたも食べる?ヒヨコ饅頭。美味しいわよ。」
hiyokom.jpg
ノエル「イヤ、そうではなくて・・・」
相変わらずお嬢はヒヨコ饅頭を頬張る事に熱心で、ノエルの方には見向きもしない。
ノエル「今朝私が起床したら枕元にこんな衣装が…」
机の上に置かれたのは、黒いレオタードのような衣装だった。
お嬢「ああ、それはCheydinhalの有名なお店からわざわざ取り寄せた最新の衣装よ。」
そう言いながらお嬢はまた一つ、饅頭を口の中へと放り込んだ。
ノエル「あの・・・また私が着るんですか?」
表情は変わってないが、怒りからかノエルの声は震えていた。
お嬢「・・・申し訳無いと思ってるのよ。」
ノエル「何がでしょう・・・と、いうかいつもどうやって私が寝ている間に服を置いているんですか?
    今までどんな熟練のアサシンにさえ一度も部屋に侵入を許した事が無いのに・・・」
お嬢「お肌の曲がり角なんだから、変な事気にするとシワ増えるわよー」
ノエル「シワはどうでもいいです!
たまりかねてノエルが珍しく語気を荒げると、ようやくお嬢がノエルの方に向き直った。
お嬢「あのねノエル。貴女ってアタシの事にかかりっきりで
    全く自分のお洒落とかしないじゃない?
   アタシとしては日頃世話になっている貴女にも綺麗でいてもらいたいのよ。」
ノエル「私はフォレスター家に忠誠を誓った身です。
    『従僕』の事よりもまずは自分の事をなさったら如何ですか?」
ノエルにしては珍しく皮肉を込めた言葉だったが、お嬢は全く意に介した様子も無い。
お嬢「あら、アタシは貴女の事は本当の姉妹のように思ってるわよ。
   それに2人きりの時くらい堅苦しい言葉遣いはやめて頂戴。」
ノエル「そう言ってお嬢はいつも誤魔化すんですから…」
これ以上口論を続けても無駄だと察したのか、ノエルは呆れたように溜息をつくと、ようやく饅頭に手を伸ばした。
が…
お嬢「あ、ごめん。さっきのが最後の一個。」
ノエル「(´・ω・`) 」
お嬢「ごめんて。」



―――異変。
自分の体中を駆け巡る違和感に、漏れ様は戸惑っていた。
漏れ様「(遅い・・・)」
己独りだけ時間の流れに逆行してしまっているような気味悪さ。
さっき最初の一人を倒した時に薄々感じていたが、こいつらは  弱い。
もっとも、少し前に漏れ様が飛び込んだ場所は人間の驚異たるディードラとやらの巣であって、こいつらが同じくらい強かったら驚異が驚異たり得ない事になる。当然と言えば当然の結果なのだが―――
そんな事を大人数相手に戦っている最中でも、冷静に分析していられるくらい余裕があった。
身体を本能に任せているだけで敵のどんな角度からの攻撃でもスローに流れ、逆にこちらの拳足は的確に急所を捉えていく。
そして瞬く間に周囲は倒れ伏した吸血鬼信者で一杯になった。
村人「そ、そこまでだ!この娘がどうなってもいいのか!
9b-7.jpg
声の方を向くと、信者の一人が何時の間にかトカゲ娘を連れてきていた。顔に青タンがある所をみると、倒した奴の中でダメージの浅かった奴が意識を取り戻したのだろう。
漏れ様「(大分錯乱してるみたいだな・・・)」
確かにメイスを一振りすればトカゲ娘の頭蓋はコナゴナだろうが、篭城でもない、誰も味方のいないこの状況で人質をとったところで効果は低い。倒れている他の連中もまだまだ意識を取り戻しそうにもない。
しかも、この洞窟の出口は各家に繋がっている梯子だけ。人質を連れては梯子を登れない。
こちらが気付かぬ前に独りで逃げていた方がまだ状況はマシだっただろう。
かといって追い詰められた村人が自暴自棄になったら人質の命が危ない。

村人「ど、どうせ死ぬならコイツも道連れだ!
案の定、キレた村人がメイスを振り上げたその時、がくりと崩れ落ちた。
そして背後から現れたのは…
9b-8.jpg
漏れ様「おむすび君!
おむすび君「その呼び方やめれ」
複雑な表情をしたおむすび君だった。
メイスを腰に差し、周囲を見回すとやれやれというように溜息をつく。
おむすび君「随分派手にやってくれたなあ。お陰で私も裏切り者だよ。」
漏れ様「サーセンwwwwwwwwwwwww。」
これだけ大っぴらにやってしまった以上、村の復興どころか漏れ様に加担したおむすび君がこの村に留まる事さえ不可能だろう。
漏れ様は己の軽率さを恥じた。しかし、それを感じ取ったのかおむすび君が肩をすくめて笑った。
おむすび君「もっとも、私が復興を望んでいたのはこんな村じゃなかったがね。」
漏れ様「・・・それで、これから藻前さんはどうするんだい?」
9b-9.jpg

おむすび君「この際だから何処かまともな町へ移り住んで、真っ当な職に就くよ。」
漏れ様「あの村の中でただ一人正気を失う事の無かったアンタの事だ。
     きっとうまくいくよ。」
おむすび君「ありがとう。また縁があったら会おう。」

おむすび君と別れると、漏れ様は無事トカゲ娘をChorrolに送り届けた。
報酬として、トカゲ母は金貨の他にお嬢様にと錬金素材一式も持たせてくれた。
トカゲ母「それと・・・ご一緒にうちの娘もいかがですか^^?
    気立ての良い、優しい娘ですのよ。」
漏れ様「【いりません】【さようなら】wwwwwwwwwwwwww
漏れ様はとんずらを使って普通ならまだ付かない時間できょうきょ退散したwwwwwwwwwww


―――こうして漏れ様の初仕事、吸血鬼信者の村ぐるみによるトカゲ娘失踪事件は幕を閉じた。もうこれであの夢を見る事も無くなるのだろうか。少し、いやかなり名残惜しい気もするが。

しかしその夜・・・
???「・・・けて・・・」
漏れ様「(!)」
help.jpg
???「・・・て・・・ボクを・・・たす・・・」

またあの胸の詰まるような感覚。
ウンザリした気分で漏れ様は目を開いた。
9b-10.jpg
もう大分この感覚にも慣れて来たので、飛び起きるような事はもう無い。
やっぱりあの夢はトカゲ娘のものではなかった。
では一体誰が漏れ様に助けを求めているというのか。
漏れ様「・・・一体なんだってんだ・・・ってアレ?」
ぐったりしていると、布団の中に自分のものとは別の体温が潜んでいる事に気付く。
おそるおそる布団を捲ってみる。
9b-11.jpg
???「う~ん、ボクを助けて・・・」
漏れ様「な、なんじゃこりゃあああああああああああああああ!!111!11!
今度こそ、漏れ様は天井に届かんばかりに飛び起きた。


To Be Continued・・・

既成事実ですね。わかります。
[ 2008/04/29 12:09 ] [ 編集 ]

>ファンクラブさん
違うよ。全然違うよ。
[ 2008/04/29 18:19 ] [ 編集 ]

>>ファンクラブさん
>違うよ。全然違うよ。
そうですよねー。
ご出産おめでとうございます。
[ 2008/04/29 21:22 ] [ 編集 ]

>崇拝するものさん
違うよ。全然合法だよ。

っていうからめぇ!そんなもの崇拝したら・・・らめぇ!!
[ 2008/04/30 20:46 ] [ 編集 ]

ザイモクさんも隅に置けないですナ(´▽`)ホホホ
って思って見ていたら、部屋が未だに監獄仕様なんですねw
素敵なLLED(と書いてオチと読む)期待しておりますv-345
そしてヒヨコ饅頭ーーー!可愛いパッケージにときめきました(´▽`)ピヨ!
[ 2008/05/04 00:30 ] [ 編集 ]

>れらさん
パッケージのテクスチャ粗くてサーセンwwwwwwwwwwwwwww
[ 2008/05/04 22:33 ] [ 編集 ]

はじめまして、いつも楽しく読ませていただいています(・ー・)♪
ひよこ饅頭吹きましたw ファイト一発www
ガツンとHPが回復するヒヨコ饅頭v-521を、お店にも置かないといけないですねw
[ 2008/05/06 13:24 ] [ 編集 ]

>ピズさん
はじめまして。MODいつも利用させて頂いてます。
「ファイト一発!」読めましたかw
Oldblivion環境下だからかもしれませんが、いざテクスチャを
ゲーム内に使ってみると意外とぼやけた感じになって涙目でした。
本家ヒヨコ饅頭、実装を楽しみにしています。
[ 2008/05/07 19:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mozaikuwwwww.blog121.fc2.com/tb.php/28-19c77a67








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。