第5話 グラップラーお嬢(後編)

漏れ様は伯爵にフォレスター博士への紹介状を書いてもらうべく、一路Bravil城に向かった。
お嬢に聞いた通りBravil城謁見の間にスンナリ通されながら、この世界は平和なんだなあとつくづく思った。ヴァナでは用が無ければどの城も謁見の間にはいけなかったもんな。
もっとも、それが王室とか要人警護のあるべき状態なんだろうけど。
おいらっち伯爵

Bravil伯爵「おいすー^^おいらっち伯爵なんやけど~wwwwww」
漏れ様「あの・・・フォレスター博士にお会いしたいんですが・・・」
Bravil伯爵「・・・え・・・!?」
漏れ様「フォレスター博士です。」
Bravil伯爵「・・・う、うわあ・・・ああ・・・ああああああああああ(イスから転げ落ちる)」
漏れ様「どうかしましたか?」
Bravil伯爵「ああ、あふゥッ・・・ひいいい・・ガクガク(足が震える)」
漏れ様「やだなあ、そんなにびびらないで下さいよ。ちょっとお聞きしたいことがあるだけですから^^」
Bravil伯爵「ああ・・あ・うんっ・ああ・・・(小水を漏らす)」
漏れ様「で、紹介状書いてもらえますか?」
Bravil伯爵「あんっ!ああん・・らめ・・・もうらめえ!(ビクンビクン)」
らめぇ・・・そんなことしちゃ・・・らめぇ!

そうイッたっきり、伯爵は痙攣したまま床に転がっている。
な、なんだコイツ・・・・
どうしたものかなと思っていると後ろから声をかけられた。
衛兵長「旅のお方、申し訳ありませんがこちらへ・・・」
捕獲された宇宙人よろしく従者さん達に両脇を抱えられて退場していく伯爵を横目に、言われるまま衛兵の後へついて行く。
そのまま漏れ様は人気の無い、城の中庭らしき所へ案内された。
あれま昔のこと・・・

衛兵長「申し遅れました、私Bravilで衛兵長を勤めている者です。」
漏れ様「は、はあ。はじめまして。」
衛兵長「あの様子からして伯爵の前でフォレスター博士の名を口にしたのですね?」
漏れ様「ええ、フォレスター博士に会いたければ伯爵に紹介状を書いてもらった方がいいと聞いたもので。」
衛兵長「そうですか・・・何方からその事を聞いたのかは問いませんが、ここ数年、Bravil城内では伯爵の前でその名前は禁句とされているのです。」
漏れ様「確かにあの伯爵の怯えようは尋常では無かったですが・・・フォレスター博士とはそれ程危険人物なんですか?どうしても漏れ様その人に会わなきゃいけないんだけど。」
衛兵長「本来は口止めされている事なのですが、伯爵のあの姿を見られてしまった以上、あの忌まわしい事件の事をお話しせねばなりませんね。」
衛兵長は少し躊躇ったようだが、じっと目を閉じて語りだした。


衛兵長「始まりは、我がBravil城内へ飛来した一通の矢文でした・・・」

第5話 グラップラーお嬢(前編)

シロディール3日目の朝は心臓が止まりそうなほど冷たさだった。
飛び上がるようにして起き上がると、かなり大量の水をブッカケられたようで布団まで水浸しになっている。
そして鉄格子の向こうには結構大きめの手桶を持ったノエルさんが立っていた。
ノエルさん2
ノエル「おはようございます^^」
漏れ様「おはようってレベルじゃねーぞwwwwwwwwwwwwwwwww」
ノエル「お嬢が朝食をご一緒したいとの事です。こちらへどうぞ。」
漏れ様「藻前は人の話を聞k」
こちらの抗議を全く無視して慣れた手つきで牢を開錠すると、ノエルさんはスタスタ歩き出した。
何気にこの人結構ヒドいかもしれないwwwwwwwwwwwwwww

城の中庭らしき場所へ出てきたところで、急にノエルさんが振り返った。
ノエル「さて・・・いくら招待とはいえその旅塵に塗れた格好でお嬢の前に出られるのは困りますね。」
ぶっかけ!ザイモク様は冷水まみれ

彼女の後ろに見えるのは井戸。そしてその傍らにはどうみても先程の手桶です。本当にありがとうございました。
漏れ様「いや、別に朝食はご一緒でなくてもいいかな^^;」
ノエル「いえ、お嬢が是非ともと仰っているので^^」
そう言いながらも着々と手桶に水を汲んでいくノエルさん。
漏れ様「濡れ鼠のままお食事はご一緒できn・・・アッー!!1!!1」

番外編1 注文の多い中の人③(完結)

本編の続きを書こうかと思ったら、中の人が不味い海鮮丼で食中ってしまったので先にこっちの方を〆ておくことに。

Castle Veyondという条件の揃った家MODを見つけたものの、人間の欲望には限りがない。やっぱり~もあった方が・・・と次から次へと欲しいものが思い浮かんでくる。
もう英語の説明文を一々訳すのも面倒だし、自分で作っちゃった方が早くね?という結論に達した漏れ様はCS(Oblivion用RPGツクール)の使い方を覚える事にした。
[ 2007/11/17 23:01 ] MOD感想・紹介(Oblivion) | TB(0) | CM(0)

番外編1 注文の多い中の人②

本文を始める前に。

昨日記事アップしたの見て「はー・・・続きはまた10日後か・・・」とか溜息ついた奴前に出ろwwwwwwwww
前に出たら・・・うん・・・特に思いつかないから帰っていいや・・・
漏れ様だって真面目に続けて書くときだってあるのぜ?wwwwwwww

では昨日の続き。
数々の家MODを試し試して行き着いたのがコレ。
Castle Veyond(ヴェヨンド?)
昨日挙げた5つの条件全部クリアー。
説明文でふるいにかけた後、100以上は家MODを実際に試したと思うが、全条件に合致したのはこれだけだった。
ちなみに世界の監獄から本編の舞台になってるのもこの城。
以下、内装をちょっとだけご紹介。 
[ 2007/11/11 22:39 ] MOD感想・紹介(Oblivion) | TB(0) | CM(2)

番外編1 注文の多い中の人①

序文でも述べているが、漏れ様はびっくりするほどユートピアなロースペックマシンでOblivionを動かしている。
よってMODを導入するにも色んな面で気を遣っていかにゃならん。
例えば家。
Oblivionの街には、それぞれデフォルトで1件ずつプレイヤーが購入できる家があって、家MODが不要なくらい充実してるものもあったりする。
しかし哀しいかなワタシはロースペック。
家が街中にあると、家から出るにも、店や教会へ行くにも、とにかく重たくて時間がかかる。下手すりゃCTDで落ちたりするしな!
そこで家MODの出番なわけですよ。

CSの使い方覚えた今となっては自分で作れるけど、まだ漏れ様がCSを使う事に怯えていたあの頃、家探しの鬼(オーガ)となって片っ端から家MOD試してた時の残骸を晒しておく。
CSいじれない人で家捜ししてる人は参考にしておくんなさい。
[ 2007/11/11 00:57 ] MOD感想・紹介(Oblivion) | TB(0) | CM(6)