第4話 ながされて獄門島

 遥か南の街、Bravilへ向かって泳ぎだした漏れ様。
船に乗れないなら泳いでいけば船代も浮くし、漏れ様天才じゃね?wwwwwwwwwww泳げ泳げ泳げ


ぐんぐん離れていく陸地。
ヴァナでは遠泳どころか泳いだ事も無いが、やはり黄金の鉄の塊で出来ている内藤は格が違ったwwwwwwwwwwww
このままいけばBravilの街に到着するのも時間の問題かに思われた。

 

漏れ様「(何だ・・・!?)」
突然重くなる身体。
おかしい。身体に力が入らない。
漏れ様「(毒?いや、だとしたら何時?)」
潮流に流されていく身体。遠のく意識。

漏れ様「(やべ・・・こん・・な・・・所で・・・死ぬ・・の・・か・・・)」
沈め沈め沈め







流れ流れていつかキミとめぐり合う



・・・・・・・・

・・・・・・

・・・・

・・




暖かい感触。



漏れ様「(・・・漏れ様は・・・死んだのか?)」
まだ視覚がハッキリしない。辺りを手で探ってみる。
柔らかい布?ベッドの上?すると漏れ様は夢でも見てたのだろうか。
???「目が覚めたみたいね。」
女の声だ。
漏れ様「――あ・・・ああ。」
なんで女が?状況がよく分からない。
???「随分うなされてたわよ。」
漏れ様「・・・悪い夢を見てた」
???「どんな夢?」
漏れ様「目が覚めたら、全然知らない土地にいたんだ・・・」
???「・・・安心していいわ。ここはちゃんとシロディールだから

漏れ様「なにィ!1!1!!!(高橋洋一風)」
おっきしたお


慌てて起き上がると、見知らぬ人間に囲まれていた。



???「目が覚めるなり騒がしい江頭ねえ。」
OBSN

漏れ様「誰が江頭だっ!」
???「あーはいはいっと。そんだけ元気なら大丈夫そうね。アタシはもう寝るからノエル、アトヨロー。ミド君いくわよー^^」
こちらの抗弁を全く無視して、漏れ様を江頭呼ばわりした女と、隣にいた少年?はさっさと出て行ってしまった。
アトヨロー



ノエル「失礼します。」
何時の間にか近くに来ていたノエルと呼ばれた女が漏れ様の脈を取り身体を調べた。
ノエル「状態は安定したようですね。」
ノエルさん

漏れ様「あ、ありがとう・・・」
ノエル「典型的な栄養失調ですね。これからはちゃんと三食食べるか、食べ物を買うお金が無いのなら泳いだりしない事です。」
漏れ様「三食?・・・食事なんてPTの時以外は食べないよ。」
ノエル「?」
首をかしげるノエルさん。そうか、ここが異世界だというのを忘れていた。どうやらこの世界では定期的に食事をしないと体力を消耗するようだ。
漏れ様の体調異変もこの世界に来てから飲まず食わずだったのが原因っぽいな。
漏れ様「イヤ、わかった。これからはきちんと食事摂るようにするよ。」
まあ夢オチじゃなかったのは残念だが、どうやら漏れ様はひとまず生き残ったらしい。助けてもらったお礼に何か渡せるようなものも無いし、長居せずさっさとBravilへ行く事にする。
漏れ様「世話になった。何もお礼できなくて申し訳ないけど出発するわ。Bravilって街に行くにはどの方向へ行けばいい?」
ノエルさんの表情が曇る。そんな遠くまで漏れ様は流されたんだろうか。
ノエル「Bravilはここから左程遠くない所にありますが、もう夜も遅い事ですし出発は明日にされたほうがいいですよ。」
漏れ様「でもこれ以上ここでご厄介になっては・・・」
ノエル「それでしたら問題ありません。お嬢も『今更1日や2日追加で泊めた所で変んないわよ』と仰ってましたし。」
漏れ様「お嬢?」
ノエル「ええ、先程まで御曹司と一緒にいらした方です。」
漏れ様「アレがお嬢様・・・」
いいかけて慌てて口を噤んだ。そんな様子を見てノエルさんは少し困ったような顔をしたものの、すぐに苦笑した。
ノエル「・・・許してやってください。お嬢は三日三晩、貴方の看病をして疲れていたのです。」
漏れ様「(そうだったのか・・・)」
漏れ様は江頭呼ばわりされたとはいえ、あのオバサ・・・お嬢さんに事情を知らず悪態をついてしまった事を恥じた。
ノエル「貴方用にはお部屋を用意させていただいております。歩けるのでしたらこちらへどうぞ。ここは本来私の部屋ですので。」
照れくさそうなノエルさんに案内されながら漏れ様は用意された部屋へ通された。
ふーん、随分薄暗い所にあるんだなあ。

ノエル「ここが貴方のお部屋です。」
何か見たような風景が・・・

漏れ様「まあ!石畳に鉄格子の硬派なデザインがステキ!・・・ってここ牢屋やんけぇ―――――――!!1!!
どう見ても牢屋です。本当にありがとうございました。


ノエル「ですが確かにここへ案内するようにお嬢に言われております。」
さらっと言うノエルさん。そしてあれよあれよという間に中に入れられて施錠されてしまう。
ノエル「ではごゆっくりどうぞ。明朝起こしに参りますので。」
そそくさと退場。

漏れ様「あンのクソアマァアアアアアアア―――――――――――!!1!!!
漏れ様の絶叫が地下牢に空しく響き渡るのだった・・・・


To be continued...




<次回予告>
はいはいわろすわろす



ザイモク様は一体どうなってしまうのか!!1!!1!!
次回を待て!1!1!!!!(CV千葉繁)

第3話 手がかりを求めて

夜が明けて、漏れ様はまず港へ行く前に武器屋へ寄る事にした。
聞けば港は今いる区域とは違って荒くれ者の巣窟だそうで、丸腰で行っては危険という話を聞いたからだ。
もっとも、リアルモンクな漏れ様はこの拳だけで充分な武器になるのだが、帯刀してる事を見せれば抑止力にはなるだろう。
無用な喧嘩は必要ないからな。

漏れ様「おっちゃーん、なんか武器くれwwwwwなるべく安くてデッカイやつwwww」
なるべく見栄えのするものが欲しいところだが、漏れ様の所持金は昨日盗賊相手に体で得た報酬、数十ゴールドしかない。
店主「うーん、大きい武器ねえ・・・あるにはあるけどウチは安物は置かないからなあ。」
普通だったら江頭ルックの漏れ様がこんな注文をすれば店を叩き出されている所だが、このオークの店主は乱暴そうな見かけによらず親切なようだ。
店主「・・・!そうだ!」
店主は何かひらめいた様子で奥の部屋へと入っていった。
少しして何やら途轍もなく大きな石の塊のようなものを引きずりながら店主が戻ってきた。
こいつをどう思う?

店主「この武器を見てくれ。こいつをどう思う?」
漏れ様「すごく・・・大きいです・・・」
武器と言われてよく見るとこの石の塊、柄がついている。どうやらこれは巨大なハンマーのようだ。
店主「うれしい事言ってくれるじゃないの。」
聞けばこの武器、店主の趣味で「究極の打撃武器」を目指して威力以外を度外視して作った結果、こうなってしまったのだそうだ。
これでも大分妥協したらしいが、その重量のために誰も使いこなせず売れ残っているという。
店主「棄てるのももったいないし、どうしようかと思ってた所だ。
   どうだい?今なら5000Gの所15Gでいいよ。」
漏れ様「安っ!!1!!!!買うwwwwwww勿論買うwwwwwwwww」
・・・こうして強力な武器を得た漏れ様は一路港へ行くことにした。
防具?バーローwwwwwww裸族が防具着れるかよwwwwwwwwwwwwwwww

港へついた漏れ様は早速聞き込みを開始した。
【準備完了!】

周囲は確かにガラの悪い船乗りが多いが、流石にこれだけ大きな獲物を背負っていると喧嘩をふっかけてくるバカもいない。

漏れ様「セルビナかマウラかアルザビへの船便はあるかい?」
航海士「・・・聞いたことも無い名前だな。そりゃどの辺の街だい?」
航海士は漏れ様にこの大陸のものと思しき地図を見せてくれた。
・・・違う・・・何もかもが違う。
その地図に描かれていた大陸は、漏れ様の記憶に有るどの大陸にも合致しなかった。
漏れ様「・・・えーと、この地図に描かれている範囲外の大陸って無いの?」
航海士たちは一様に顔を見合わせ、首をかしげた。
その反応にここでも手がかりは無しか、と諦めかけた時、航海士の一人が口を開いた。
航海士「俺達は知らないけど、異大陸だか異世界とかいうものに詳しい奴がいるって聞いた事がある。そいつに会ってみたらどうだい?」
漏れ様「ウホッ!超展開wwwwwそいつはどこにいんの?wwwwwwwwwwwwww」
←右を見ろ!!!!こっちじゃねーよwwww

航海士「確かここからずっと南へ行ったBravilって街の近くに城を構えてるって話だ。」
漏れ様「おkwwwwwww行ってみるぜwwwwwwwwwwwwww」
航海士「しかし生憎Bravilへの船便は当分無いから陸路を行くしかないな。気をつけなよ、何やらその城は物騒な話が絶えn」


ザイモク様は空を飛ぶ

漏れ様「ヒャッホ―――――――――――――イ!!!!!wwwwwwwwww」
航海士「おまwwwww何話の途中で飛び込んでんの?wwwwまさか泳いで行く気かよwwwwwwwww」
漏れ様「みwなwぎwっwてwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
スーパーウルトラ以下略



・・・こうして、漏れ様はスーパーウルトラグレートデリシャスワンダフル平泳ぎで遥か南の街Bravilへと向かうのだった。
果たして海の向こうには一体何が待っているのだろうか。




To be continued...



<次回予告>
モザイク様の華麗なる泳ぎ


ザイモク様は一体どうなってしまうのか!!1!!次回を待て!1!!!(CV小杉十郎太)

第2話 果て無き世界

 下水道を抜けた漏れ様はひとまず街を探す事にした。
暫く道沿いに歩いていると、遠めに人がキャンプを張っているのが見えた。
何か情報が得られるかもしれない。近寄ってみると…
BGMはスタン・ハンセンの「サンライズ」で

盗賊だった。

盗賊「オラオラオラ!身包み置いていk・・・・」


モザイク様まいっちんぐ

盗賊「ちょwwwwなにこの江頭wwwwwww」
漏れ様「許してくれ…今の漏れ様にはこの熟れた肉体しか…」
盗賊「おまwwwww何ズボンも脱いでんの?wwwwこっち来んなwwwwやめっ・・・アッー!」






しーましぇーん
お仕置き完了。
いかんいかん、夢中になってたら夜になってしまった。
しかし夜になった事で、さほど遠くない所に街の照明と思しき明かりが灯っているのが見えた。明かりの規模からしてかなり大きめの街があるっぽい。
漏れ様はその方向へ向かって疾駆を始めた。


街につくとあたりはすっかり暗くなっていた。
流石に人気は失せていたものの、幸いこの街には夜警がいたので色々と聞いてみる事にした。
やらないか

漏れ様「しーまシェーン、バストゥーク共和国へ行きたいんですがどの方角へ行けばいいですか?」
衛兵「バスツーク?そんな街は聞いた事も無いな。どこの田舎だ?」
漏れ様「えーと、じゃあジュノかアトルガン皇国は聞いた事無いですか?」
衛兵「全く無いな。お前ちょっと息ハーッってしてみろ
漏れ様「酔ってねーよwwwwwwwwつーかここはヴァナ・ディールじゃないのか?」
お前は何を言ってるんだ衛兵版
漏れ様「ちょwwwwミルコwwwwwww」
衛兵「お前は異国者か?ここはバナディールでは無くシロディール大陸というんだ。だからお前の言うズノとかアナルガンとかいう国も知らん。」

・・・
な、なんだってー!!1!!
とても困ってるザイモク様

衛兵「その格好からして大方船でも難破して流れ着いたのか?まあ、夜が明けたら港へ行ってみるといいだろう。船乗りどもなら他の大陸について何か知ってるかもしれない。」
漏れ様は衛兵に礼を述べると、夜明けを待つために野宿をする事にした。
モザイク様の可愛い寝姿
このベッドロール誰のか知らないけど。



モザイク様は一体どうなってしまうのか?次回を待て!!1!(CV:銀河万丈)

To be continued…

第1話 はじまり はじまり

とても困っているザイモク様。

目が醒めると、監獄だった。

変だな。確かに9月最後のあの日、漏れ様という存在は ヴァナ・ディールから消えた。
しかし、現にこうして漏れ様は未だに存在している。
それにしても目が醒めて監獄というのはあまりいい気分じゃない。
そういえば「最後の思い出に監獄で説教されたい」というGMコールを送ろうとしたが、待ち時間が9月30日23時時点で3時間待ちだったので諦めはした記憶はある。
もっとも、わざわざその為に課金が切れていても監獄へ呼んでくれるような運営だったら中の人も辞めなかっただろう。

誰かいないだろうか。そう思って鉄格子に近づくと、向かいの牢獄にいた見たことも無いようなブサイクが何やら漏れ様に向かって言っている。
五月蝿いので殴り倒してやろうとも思ったが、強固な鉄格子で隔てられていて無理だ。
他には誰もいなさそうなので諦めて奥へ引っ込もうと思った時、急に時間が止まった。
すると空中に変な矢印が現れ、鉄格子の所で止まった。
そして空中に文字が浮かび上がる…
「Unlock」
ひらけジッパァ――――――ッ!1!!

開いた。
そして時は動き出す…


泣いても許してあげない。
・・・おかしい。ヴァナではPKなど出来なかった筈なのに。
一体全体漏れ様が目を醒ますまでの数日間に何が起こったというのだろうか?

兎にも角にもここから出なくては状況が把握できそうもない。
かつてジョン・レノンは言っていた。
「血ガ出ルナラ殺セル」
そうだ、出られないのなら壁を壊して外へ出ればいいじゃないか。ありがとうジョン。
かつて己が拳足のみでこのトンネルを掘っry 
かつて己の拳足のみでトンネルを一晩で掘り抜き、海王の称号を持つ漏れ様にかかればこの程度の壁を壊す事など容易い事ッ!!!!!!


こうして漏れ様は妻殺しの汚名を晴らすべく、ショーシャンク刑務所を脱獄したのだった。

下水道を抜けると、見たことも無い景色が広がっていた。
ショーシャンクの空に

さて、これからどうしたものかな・・・・



To be Continued…

リンク集

本ブログへのリンクに関しては悪意のあるものを除いてご自由にどうぞ。
相互リンクしろよコノヤロウという場合じゃなければ連絡も不要です。
(アクセス解析等設置していないので、どこからリンクで来たとかわからんのです。)

[ベセゲーよろず]
Crumpled Piece of Paper(相互)
仮想満月(ぱんつ相互)
Elza's Creative note(相互)
みちのくオブリビオン(相互)
行先不明
さらさんぽ
ナナハネの雑記帳
Tamriel wasteland
黒大将の浅くて広いあなぐら
Monochrome~白と黒の世界

[TES関連/SKyrim]
Skyrim放浪譚(相互)
真のノルドは子孫を増やす練習をする(相互)18禁
ミネルバdeスカイリム(相互)
スカイリムの踊り食い(相互)
ぱるぷんて(相互)
ドバ金先生(相互)18禁
りむるる(相互)
ごくつぶしの隠居地(相互)
HYBRID OBLIVION(相互)
えいへいすぽっと!(相互)
牛娘のスカイリム放浪記
懐中
殺しは上手に定期的に
スカイリムあれこれ
Sbsushi
Misuzu Skyrim SS
HRKのSkyrim
雉も鳴かずば
SACHIYOの部屋
WaCo WoRlD
Skyrim-Alupi
memo
Daizu⇔Daizu⇔Daizu
煮干し食わせろ(*^◯^*)
光のない世界
Demain il fera jour
金色趣味
ロリと幼女と貧乳と
のんびりスカイリム
ジャングルはいつもSKYRIM!
DUURAN PROGRAM
mosakaeru's eye pond
Skyrim 脳筋墓場
Hayabusa Skyrim18禁
へ スカイリム
live in Skyrim
Beautiful SKyrim Life
Who Dares Win
SetoRouge
Mod Life
tasks SKYRIM LOG
Liar?Liar!
Dorakoさんのブロマガ
Skyrim武装商会
PI PI PI
COC Ryoso's Room
境界線で会いましょう
R a Mode
Metenee in Skyrim
gamer-sean's skyrim gallery
本田屋
スカイリムと一緒
Dig Out Your Skyrim
skyrimとか
SSとかあげるとこ
大学生のゲーム『ぶらぶらゆったり日記』
らいふぃずふり~だむ2号
Setsuna kei Skyrim
趣味全開駄ぶろぐ
Orichime
晴れ、時々梅干
きのこブログ
TKTK部屋

[TES関連/Oblivion]
OBLIVION 劇的!! びふぉ~After(相互)
レアの部屋(相互)
ろれむいぷさむ(相互)
オブリ墓場
OBLIVIONのおまけ
ゆるゆるオブリビオン
ちるしの旅 Oblivion


[戦国・三國志等(横山・無双含む)]
サトゥ踊るマハラジャ(船越)
赤烏帽子(無双関係)

[その他オフ/オンゲ等]
FF14 Umin 真!内藤烈伝(FF14)
TERRA PROMESSA(FF14)
UNSCHULD KIRCHE(俺屍)
ゼロシキザッパー+(故フリウォ)
でらりっか(創作系)
HellDohmo(創作系)
現実逃避記(創作系)
Be Always Dresser(マビノギ)
【Able】A中隊【Company】(キャラとかメカとか軍事)
Cat of Moon(ゴースト中心)
LOG(イラスト等)
ブログでやれと言われたとき用のブログ(イラスト等)
JUMINY


[パンツレスリング仲間]
男爵領
サポシと両手剣と内藤
神無月Pの優雅な一日


[Special Thanks]
れらるろぐ
ノベルゲエムの作り方
[ 2007/10/06 00:00 ] リンク集 | TB(0) | CM(0)

登場人物紹介1

■妖怪"服脱ぎ"
ザイモク様
prof_moZaiku.jpg
クラスはサポシ内藤
どういうわけか異世界ヴァナ・ディールからシロディールへやってきた謙虚で最強に見える内藤。
黄金の鉄の塊で出来ているのでお嬢の強烈な打撃を食らっても結構平気。
世界を隔てたからか、若干記憶等に不安定な部分がある。
現在は漂着したお嬢の城に居候中。
希望CVは玄田哲章


■シロディリアン・ラスト・エンペラー
お嬢(フォレスター博士)
prof_Ojoh.jpg
クラスは自称僧侶(プリースト)、実際は闘僧(モンク)。
ザイモクが漂着した城の主。
父親は「稀代の天才錬金術師」と謳われたフォレスター博士。
彼女自身も父親と同等かそれ以上の才能を有しているといわれ、現在大陸内において錬金分野の知識と技量で彼女に並ぶ者がいない程である。
父の死後、博士の称号も同時に継承したが、年寄りっぽいので専ら城の住人達には「お嬢」と(無理矢理)呼ばせている。
また、錬金術のみならず、格闘技でも並々ならぬ才能を持っている。
部下(女性)にコスプレをさせるのが趣味。
希望CVは小山茉美


■冷徹なるアルティメット・ヒロイン
ノエル
prof_Noel.jpg
クラスは将軍(ジェネラル)。
お嬢の執事兼ボディーガード。
祖父がフォレスター家に仕えていた縁で、お嬢とは姉妹のように育った仲ではあるが、
普段は主従の姿勢を決して崩さない軍人気質。
そのため季節の行事等イベントの度に、お嬢の趣味で様々なコスプレを無理矢理させられては陰で泣いている。
最近はお嬢の無茶苦茶な要求が某禿内藤に分散している為、ちょっとは楽になったとか。
好みのタイプは半ズボンが似合う人。
希望CVは勝生眞沙子


■天下無双 火の玉ボーイ
ミド
prof_Mido.jpg
クラスは侍。
お嬢の弟。
幼少の頃より"剣聖"と呼ばれた剣士に手ほどきを受けていたため剣術の腕は超一流だが、城の住人の中では比較的常識的なため影が薄い。
希望CVは三橋加奈子

■千の技を持つ柔術メイド
シャーリー
prof_Sharee.jpg

クラスはグラップラー(組み技系モンク)
ブラヴィリアン柔術の使い手で、過去に「柔術マジシャン」と呼ばれていたらしい。
柔術団体ブラヴィリアン・トップ・チーム(BTT)にも所属してたとかしてないとか…
普段は何故か城内の雑用全般を統括する万能メイドさんとして働いている。
最近の課題は打撃技術の向上。
希望CVは井上喜久子

はじめに

やあ (´・ω・`)
ようこそ、モルディオン監獄へ。
この鉄格子は無料だから、まず安心して入ってくれ。


うん、「また」なんだ。すまない
GMの顔もって言うしね。
謝って許してもらおうとも思っていない。


でも、このタイトルを見たとき
君は、きっと言葉では言い表せない
「アッー!」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中でそういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思ってこのブログを作ったんだ。



じゃあ、監獄に入ろうか。



[このブログを読むにあたっての注意事項]
 このプログは外国のベセスダなんとかって会社が出した洋ゲー「The Elder ScrollsⅣ(=TES4)Oblivion」と「TES5 Skyrim」PC版を基に、黄金の鉄の塊でできた内藤様が脳内妄想を綴ったblogです。あと、たまにMODの紹介もしたり。最近はMOD紹介の方が多いですすいまえん><最近はそれどころか別ゲームの記事の方が多いですすいまえん><
箱版・PS3版でMODの導入はできないので注意。対応PCはドスパラあたりで買えばいいんでない。
18禁指定ではないけれど、ナイスミドル♂の裸がよく披露されるよ。
草(www)もよく生えるような気もするのでそういう表現が苦手な人も見ない方がいいと思うよ。


[blog内文章・画像について]
 blog内の文章、画像については言うまでもなく禁無断転載。
特に文章に関してはもっともらしく出鱈目な造語を使ってたりするので気を付けた方がいいかもしれない。


[このblogへのコメント・リンクに関して]
 コメント内容には禁止ワード等制限を設けてはいませんが、一時期業者カキコミが鬱陶しかったため承認制にしています。中の人都合で返信に少し時間がかかる事もあります。特に返信いらねーよって場合は拍手コメが便利です。IPも残らないので。
 リンクについては悪意のあるもの、誤解を招くようなもの以外はご自由にどうぞ。報告も不要です。

[中の人について]
nakanohito.jpg
都内に棲息する駄目会社員。割と重度のキャラメイク中毒。どのくらいかっていうとこのくらい。あと家MODにも若干ウルサイ。
Oblivion歴は2007年7月~。OblivionではありがちなFF11からの流れ組。(FF11は既に引退。)
当初はスペック条件の満たないPCでOldblivionというツールを使って無理矢理遊ぶ。
再就職を機に念願のマトモなスペックPCに買い替え、現在はコンパニオン達とキャッキャウフフ。
以降Fallout3やSkyrimにも手を染め睡眠時間を削る毎日。
「背景はどうでもいいのでとりあえずキャラクターが美麗に表示されればいいじゃん」派。
 ゲームとか漫画とか格闘技とかプロ野球とか欧州サッカーとかロケンロールとかいやらしい事とか夜中に食うカップラーメンとかが好き。
洋服を着る事と安易なエロと猿真似が嫌い。横浜ベイとACミランのAdoring Fan。